メニュー

別れの前兆 - Salon de Femmes(サロンドファム)|横浜市の恋愛・夫婦・不倫・離婚・性など男女問題をカウンセリング相談

ご相談事例

別れの前兆

カテゴリ: 恋愛事例 公開日:2017年06月20日(火)

 

28歳・女性、独身

交際3年の彼・35歳。

 

 


彼女から

「恋愛の終わり」に関するご相談です。

 

 


この頃、彼との関係が

変わった気がする。

 

 


彼の心が離れているなと

漠然と感じるようになった。

 

 

 

私達の恋愛は

終わりに近づいたような気がする。

 

 

 

関係を見極めたいけれど

兆しとはなに?

この先をどうしたらよいのでしょうか?とのこと。

 

 

 

お互いの愛は終わったように思うけれど

その兆しを認めるのが恐い。

 

 

 

関係が終わっているのを

認めてしまうのが恐いのですね。

 

 

 

二人間の愛が終わったと感じているけど

それを認めるのが恐い。

 

 

 

事実を相手に聞くのも恐い。

 

 

 

相手が言い出すのをお互いに待っている。

 

 

 

そうして辛い日々を送っている

というお話はよく聞きます。

 

 

 

「態度が変わった」

相手への優しさが無くなり

最近冷たく感じる。

 

 

 

言葉が他人行儀になり

親しさを感じなくなってきた、など。

 

 

 

「会う時聞が短くなった」

デートの時間が短くなり

早々に切り上げるなど

早く帰りたがる。

 

 

 

他に用があるといって

早く切りあげる。

 

 

 

会う回数も減り、

会う間隔がどんどん広がっていく。

 

 

 

「会話が進まない」

相手の方から話を振ってくる事が少なくなる。

 

 

 

ただ間を繋ぐ言葉しか言わない。

 

 

 

相手の話への相づちや

質問に対する答えに

気持ちが入っているように感じない。

 

 

 

「嘘をつくことが多くなる」

相手の嘘が分かるようになる。

 

 

 

嘘を言う度合いが日に日に増してくる。

 

 

 

「セックスに労りを示さなくなる」

優しく扱ってくれなくなった。

 

 

 

性感がクライマックスに達しなくなる。

 

 

 

セックスを避けることが多くなり

その理由がはっきりしなかったり

到底納得出来ない。

 

 

 

以上のような兆しが見え始めたのなら

二人の愛の関係はかなり深刻な状態になっていると

そう判断して間違いないのではないだろうか。

 

 

 

ここで、相手が本当に自分を望んでいるのか。

 

 

 

相手が自分の心の友としての

資質を持っている人なのか

じっくりと吟味する。

 

 

 

それも偏見や独断でなく

冷静に客観的に検証してみる。

 

 

 

心の友としての資質とは

「理解し合い、支え合い、癒し合う能力」。

 

 

 

お互いに「愛する人」になるために助け合い

補完し合う関係を営むことが出来る

そのような相手のことを言う。

 

 

 

心の友としての資質を欠いている人は

一時的な関係

単なる遊び相手

自分を楽しませてくれる相手としての関係を

しばらくは維持出来たとしても

末長く続く関係

深い関係を築くことは出来ないだろう。

 

 

 

或いは始めから

そんな軽い目的で関係を

スタートしていたのかもしれない。

 

 

 

双方が望んでいるような

心の友としての資質が決定的に欠けている

という思いに至ったのならば

その時に二人の関係を終わらせる方が

お互いに相手に対して

フェアになるのではないかと思う。

 

 

 

「運命の人」という思い込みは

出来るだけ早く気づくに越したことはない。

 

 

 

本当の「運命の人」と出会うために。

 

 

❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏
・横浜市中区
『男女諸問題カウンセリングサロン』
☆恋愛・結婚・不倫・離婚・セックスレス等のお悩みは当サロンへ☆
★Salon de Femmes(サロンドファム)
代表サロンカウンセラー 祥子

http://www.salondefemmes.com
❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏