メニュー

姑と上手くいかない - Salon de Femmes(サロンドファム)|横浜市の恋愛・夫婦・不倫・離婚・性など男女問題をカウンセリング相談

ご相談事例

姑と上手くいかない

カテゴリ: 夫婦関係・離婚事例 公開日:2017年02月13日(月)

姑が妻を避けている?

image_01.png

妻・33歳、夫33歳、子供なし。
結婚3年、姑と同居をしています。

毎日、姑に挨拶をしても無視されてしまいます。

玄関が同じなので、出勤時や帰宅時は、姑に挨拶するようにしています。

 

しかし、この一年ずっと無視をされています。
最初は、姑に聞こえないのかと思い、リビングのドアを開けて姑を見ながら挨拶をしました。
すると「忙しいから」と、座って家事をして顔も合わせようとしません。

今日も、ドアが開いてたので、聞こえるように覗いていいましたが、明らかに無視されてしまいました。

廊下を進んでいったところ、リビングのドアを閉められてしまいました。

 

そんな毎日の繰り返しなので、ストレスが溜まる一方です。

仕事が終わり、家に帰るのも億劫になってきて、外で時間を潰したりしてしまいます。

子供が出来たら何か変わるのではないか・・・
自分達の生活や家族が築かれていくのかな、と期待はしています。

しかしこのままならば、子供が生まれても、姑には近付けたくないと思ってしまう私がいます。
しかも、夫がいる時といない時で、私に対しての態度がまるで違うのです。

 

姑には姑なりの思いがあるはず、時間を掛けて家族として訴えていく仕事を終えて疲れて帰る自宅なのに、姑と軋轢があると本当に辛いと思います。
自宅では、ゆっくり寛いで過ごしたいものです。

妻なりに努力をされてきたでしょう、それが実を結ばなかったことが辛いのではないでしょうか。

 

姑の反応によって「私の何が悪かったのだろうか?」と自分を責める気持ちが出てくるのだとしたら、それは必ずしもそうとは限らないでしょう。
それを「私は嫌われている」と捉えているとすれば、それは正しくないのかもしれません。
ただ、上手くコミュニケーション出来ていないところがあるだけです。

 

姑から好かれるようにと、自分に無理を重ねてきて疲れてしまったのではないでしょうか。
相手に好かれようと努力するよりも、効率的なのはその人を心から好きになることです。

 

関係が難しくなってしまった場合、その相手を好きになる努力は大きなパワーがいることかもしれません。
しかし、ここで立ち止まって思い返してみましょう。

 

お姑さんを、今まで同じチーム(家族)のメンバーとして扱ってきたでしょうか。
赤の他人のように扱ったことはなかったでしょうか。
敵であるかのように接したことはなかったでしょうか。
どこかで闘ってきたところはなかったでしょうか。

 

思い返してみて、もしそんなところがあったとしたら・・・
自分はそのつもりがなくても、相手が勘違いして捉えてしまう例もあります。

 

一度頭にこびりついた感情は、なかなか変化が難しいと思います。
ゆっくりと時間を掛けて、お互いに固まった感情を解きほぐしていくことが肝要です。
日常で吐きだせない愚痴は、当店で全て吐き出して、新たな気持ちで帰宅して下さいね。

❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏
・横浜市中区
『男女諸問題カウンセリングサロン』
☆恋愛・結婚・不倫・離婚・DV・セックスレス等のお悩みは当サロンへ☆
★Salon de Femmes(サロンドファム)
代表サロンカウンセラー 祥子

http://www.salondefemmes.com
❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏