メニュー

サロンコラム ・ お知らせ一覧 - Salon de Femmes(サロンドファム)|横浜市の恋愛・夫婦・不倫・離婚・性など男女問題をカウンセリング相談

サロンコラム・お知らせ一覧

男女問題に関するコラムをキーワードで検索します。
例) 「結婚」「離婚」「不倫」 等

カウンセリングQ&A ~よくあるご質問~

カテゴリ: サロンからのお知らせ 公開日:2020年08月27日(木)

■Salon de Femmes カウンセリングQ&A■

 

Q・カウンセリングはサロンでなければ受けられませんか?

高額なカウンセリング料金に躊躇してしまう方へ

カテゴリ: 雑記 公開日:2020年08月13日(木)

 

当サロンの相談ジャンルは
「恋愛」「夫婦」「離婚」「不倫」「DV」「セックスレス」
ポジティブなご相談もありますが
その多くはネガティブなご相談です。

 

 

 

ご相談者は悩みに悩まれて
ご自身や当事者では解決に至れずに
考え抜いた末ご相談にお見えになられます。

モラルハラスメントを原因とする離婚

カテゴリ: 夫婦間コラム 公開日:2020年08月13日(木)

 

「パートナーから何かにつけていつも怒られている」
「怒らせてしまうと無視される日が続いてしまう」
「トラブルがあると自分のせいにされて責められる」
「人としての在り方を頭ごなしに全否定されて辛い」

 

 

 

昨今当サロンでお受けする離婚案件において
主原因として一番多いものは不倫ではなく
「DV」「モラルハラスメント」であり
案件の結論は9割が離婚となる現状があります。

不倫~独身女性に付きまとう不安~

カテゴリ: 恋愛コラム 公開日:2020年07月21日(火)

 

コロナ禍に翻弄され会えない寂しさ
イベント時や週末に会えない虚しさ
彼の一番になりたいのに叶わない苦しさ
共通の友人や知人を持てない悲しさ
いつまで待てば報われるのかという不安
彼の空き時間にしか会えないもどかしさ
不倫が故に友人に相談も出来ない秘密

 

 

 

大きな不倫の代償を引き換えにしてでも
あなたにとってその既婚男性は果たして
恋愛するに値する人なのでしょうか。

サロンカウンセラー書き下ろしコラム・アクセス数ランキング

カテゴリ: 雑記 公開日:2020年05月26日(火)

 

当サロンカウンセラー書き下ろしコラムへ
アクセスして下さりありがとうございます。

 

 

 

実際のカウンセリングとはどのようなものなのか?
カウンセラーの雰囲気や考え方は?
自分と似たような事例は扱っているのか?
自分だけが問題を抱えているのではないか?

 

 

 

こんな思いを抱いて検索エンジンから
当サロンのコラム一覧へ飛んでこられた方が
大半を占めているのではないかと思います。

本当の優しさとは~本当は冷酷な人間~

カテゴリ: 恋愛コラム 公開日:2020年04月04日(土)

 

人間が社会を生きる上で
自他共に厳しさは当然必要なもの
どんな人間も大なり小なり
冷酷な部分を持ち合わせているものです。

 

 

 

しかし中には利己的で慈悲もなく
無情で冷酷な人も一定数います。

 

 

 

そのような人間は周囲の人から嫌われ
最終的には孤独な人に成り下がるでしょう。

 

コロナウイルス感染症が心配、それでも悩みはなくならない

カテゴリ: サロンからのお知らせ 公開日:2020年03月30日(月)

新型コロナウイルス感染症が拡大の一途を辿っている昨今。

 

 

 

治療法もワクチンも開発されておらず

感染機序すら確実なものが分からない今

我々が出来ることは市中蔓延を防ぐこと。

パートナーから離れられない・・・共依存の闇

カテゴリ: 夫婦間コラム 公開日:2020年02月23日(日)

 

自身の共依存を見直すためには
もはや離婚しか他方法がなかった・・・。

 

 

 

数度のカウンセリングを経て
ようやく自分が置かれた立場に気が付いた妻は
苦しみ抜いた末に夫と決別することにしました。

 

不倫の潮時~突然の別れ~

カテゴリ: 恋愛コラム 公開日:2020年02月04日(火)

既婚者と知らずに好きになってしまった
妻とは上手くいってない
妻とは離婚をするつもりなどと
既婚男性の口先の言葉を信じてしまった
気が付けば不倫の道へ入り込んでしまった。

 

 

 

不倫は様々なきっかけから
あなたの人生の一部となります。

 

共依存~嫌われたくない・捨てられたくない~

カテゴリ: 恋愛コラム 公開日:2020年01月22日(水)

 

「本当はしたくない」だけど
「嫌われたくない」から
無理をして相手を受け入れたり
自分を滅して相手に尽くしてしまうこと
誰にでも少なからず経験があると思います。

 

 

 

それではどのような状態が
問題になってくるのでしょうか。