メニュー

サロンコラム ・ お知らせ一覧 - Salon de Femmes(サロンドファム)|横浜市の恋愛・夫婦・不倫・離婚・性など男女問題をカウンセリング相談

サロンコラム・お知らせ一覧

男女問題に関するコラムをキーワードで検索します。
例) 「結婚」「離婚」「不倫」 等

離婚調停・裁判を考えるうえで重要なこと ~弁護士と相談者間での情報共有~

カテゴリ: カウンセラーの独り言 公開日:2019年10月19日(土)

 

一般的に離婚調停・裁判を起こす場合
まず最初に相談する先は弁護士ではないでしょうか。

 

 

 

数多くの離婚相談をカウンセリングしてきましたが
弁護士との関係性は問題解決において
非常に重要なことは言うまでもありません。

離婚を決断する前に再考して欲しいこと

カテゴリ: カウンセラーの独り言 公開日:2019年03月28日(木)

 

「・・・結論としては離婚を考えています」
カウンセリングでお話をお伺いしていると
ご相談者の揺るぎない強い決意が
お悩みの結論として出てくることがあります。

 

 

 

逆にカウンセリングの開口一番に
「離婚をしたいと考えているのですけど・・・」
と切り出される場合はお話を伺っているうちに
離婚を思い留まるケースが多くあります。

妻からのDVに悩み離婚を考えた夫

カテゴリ: カウンセラーの独り言 公開日:2019年03月25日(月)

 

相談者・夫30歳
妻・31歳、子2歳

 

 


妻から受けるDVと
婚姻継続についてのご相談です。

 

 

 

夫は結婚当初から妻との関係性に悩んでいました。

離婚調停の実際 ~法律婚の限界をここに見る~

カテゴリ: カウンセラーの独り言 公開日:2018年11月28日(水)

 

当サロンへのご相談で多いのが離婚です。

 

 

 

夫婦が離婚へ向けて問題解決の協議をしても上手く進まず
結果的に家庭裁判所へ話し合いの場を求める例が
「夫婦関係調整調停」と呼ばれる制度です。

 

 

 

私も過去、元夫との離婚に際し条件で紛糾し
この「調停」制度を利用したことがあります。

破綻しているのに離婚を了承してもらえない!婚姻費用を支払い続ける夫の地獄

カテゴリ: カウンセラーの独り言 公開日:2018年07月05日(木)

 

夫・50歳、会社員
妻・48歳、専業主婦
子供10歳

別居2年。

 

 

 

夫は「性格の不一致」を理由に
遂に妻との離婚を決意しました。

 

 

 

妻は夫の離婚宣言を受け入れず
一方的に子を連れて別居をし
婚姻費用請求調停を提起してきました。

不倫・離婚に於ける弁護士との付き合い方 その3 相談事例から

カテゴリ: カウンセラーの独り言 公開日:2018年05月24日(木)

 

先日、相談事例の紹介から
「Ambulance Chaser」という単語を引き合いに
弁護士の対応の問題を取り上げました。

先日のおさらいをザッと書きますと
相談事例は次のようなものでした。

 

 

 

勤務する会社の上司(既婚男性)に言い寄られ
最初は拒否をしていましたが
遂に押し切られ交際を始めたそうです。

離婚・不倫などのトラブルに於ける弁護士との付き合い方 その2 相談事例から

カテゴリ: カウンセラーの独り言 公開日:2018年05月11日(金)

 

「Ambulance Chaser」という言葉をご存知でしょうか。

 

 

 

単語のそれぞれの訳は
Ambulance=救急車
Chaser=追いかける人

これは「救急車を追いかける人」という訳になります。

離婚・不倫などのトラブルにおける弁護士との付き合い方

カテゴリ: カウンセラーの独り言 公開日:2018年05月09日(水)

 

日々カウンセラーの仕事をしていて感じることは

弁護士という存在とどう役割分担をするのか

場合によるとそれ以外の専門家との

コラボレーションをどう選択するのか。

 

 

 

例えば弁護士・司法書士・社会労務士等々

普段それら専門家との関わりがない人間にとって

知り得ない分野であるからこそ

大きな悩みであると思います。

離婚・財産分与や慰謝料請求の進め方 ~船越・松居の離婚トラブルから~

カテゴリ: カウンセラーの独り言 公開日:2017年12月16日(土)

 

かつてより、マスコミ等を賑わしていた

船越・松居夫婦の離婚が成立したようだ。

 

 

この例を参考にして

離婚問題のの進め方の整理してみよう。

協議離婚における財産分与請求について

カテゴリ: カウンセラーの独り言 公開日:2017年11月13日(月)

 

 

妻・60歳

夫・62歳

婚姻期間35年

夫婦の離婚協議が進行中。

 

 


いわゆる「熟年離婚」であり

子供も独立し

妻側から離婚を申し出ています。

 

 


夫も離婚を了承していますが

財産分与の折り合いがつかず

妻から相談を受けました。