メニュー

本当の優しさとは~本当は冷酷な人間~ - Salon de Femmes(サロンドファム)|横浜市の恋愛・夫婦・不倫・離婚・性など男女問題をカウンセリング相談

サロンコラム・お知らせ一覧

男女問題に関するコラムをキーワードで検索します。
例) 「結婚」「離婚」「不倫」 等

本当の優しさとは~本当は冷酷な人間~

カテゴリ: 恋愛コラム 公開日:2020年04月04日(土)

 

 

人間が社会を生きる上で
自他共に厳しさは当然必要なもの
どんな人間も大なり小なり
冷酷な部分を持ち合わせているものです。

 

 

 

しかし中には利己的で慈悲もなく
無情で冷酷な人も一定数います。

 

 

 

そのような人間は周囲の人から嫌われ
最終的には孤独な人に成り下がることでしょう。

 

 

 

基本的に冷酷な人間は
人を裏切ることに罪悪感がありません。

 

 

 

自分の利のために人を利用することが

悪いこととは思いませんし

そこに躊躇がないのです。

 

 

 

また冷酷な人間は同時に
上辺の優しさを持ち合わせています。

 

 

 

冷酷な人間に傷つく人は
この人間の最初の表面的な優しさに
誤魔化されてしまうことが多いのです。

 

 

 

本当の優しさとは何なのか
その裏に秘めた冷酷さをどう見破っていくのか
以下で詳しく解説をしていきます。

 

 

 

■冷酷な人の特徴的部分性質

 

1/ 自分が興味のない情報は聞く耳を持たない

 

冷酷な人間は基本的に
自分以外の人のことは興味がありません。

 

 

 

興味があることは常に自分であり
主体性だけで客観性を持っていないのです。

 

 

 

例えばあなたの友達が新しく事業を始めた
あなたの兄弟が結婚することになった等々
自分にとって利もなければ興味もない情報は
基本的にスルーしてしまうのです。

 

 

 

周りの友人達が「おめでとう」と喜んでいる姿を見て

「何故、他人のことで喜べるのか」と
非常に冷めた目で見ていることが多いのです。

 

 

 

冷酷な人間は非常に利己的であるとともに
共感性のなさが特徴的なのです。

 

 

 

また冷酷さをひた隠しに出来る人間の中には
その場では自分も「良かったね!おめでとう」と
笑顔で共感することがあります。

 

 

 

表面的には共感して喜んでいるのですが
実はその内心では「くだらない」と嘲笑します。

 

 

 

サイコパス器質が強い人間はこのタイプです。

 

 

 

共感しながらもその目が笑っていなかったり
笑顔のあとに余韻なく真顔を見せたりします。

 

 

 

2/ 常に頭にあるのは自分の損得だけ

 

冷酷な人間は常に利己的です。

 

 

 

自分の言動のひとつひとつに
「この言動は自分にどんなメリットをもたらすのか」
という損得勘定が常に働いています。

 

 

 

このような算段が出来ることで
自分は賢い人間だと捉えています。

 

 

 

一見親切な言動の裏には
ズルい下心や計算があるものです。

 

 

 

自分が親切にしておけば

後々得になるような相手には
表面的な優しさを惜しまないのですが
その相手から得る得がなくなり
自分にはメリットが無くなったと感じれば
昨日までの態度がウソだったかのように
冷酷に手のひら返しをして来るのです。

 

 

 

自分にとってメリットがあると感じた相手にのみ
表面的な優しさを出すことを惜しみませんが
相手にメリットを感じなくなれば
無情に関係を断ち切ることを厭いません。

 

 

 

3/ 責任を人に転嫁する・責任を負うこと自体がストレス

 

冷酷な人間は自分に非があったとしても
プライドが高いためそれを認めようとせず
意地でもその責任を他人に転嫁しようとします。

 

 

 

そして誰かが責任を認めた場合にも
共にトラブルを解決することはせずに
相手に追い討ちをかけて責め続けるのです。

 

 

 

責任を負うことは自分への否定と感じてしまい
責任からどうやって逃れるかが
至上命題になるのがこのタイプです。

 

 

 

4/ メリットのない人間とは接触を避ける

 

冷酷な人間は基本的に

人間嫌いな傾向にあります。

 

 

 

彼らは自分以外の他人を信用していなかったり
或いは自分より格上を認めない性格だったり
プライドの高さから相手を敬う気持ちを持てないため
相手をリスペクトすることもありませんし
相手に興味を持って知ろうとしたり
関わろうという意識がありません。

 

 

 

社会性欠如と思われない程度の
浅い人付き合いは卒なくこなしますが
必要以上の個人的な接触を避けるのです。

 

 

 

例えば会社などで執り行われる会には出席しますが
その後の二次会には参加したがらないでしょう。

 

 

 

個人的なLINEなどもメリットがあれば交換しますが
それ以外では積極的に取り交わしたりはしません。

 

 

 

5/ 困っている人がいても助けない

 

道で車の故障に困っている人がいる
街で子供が迷子になって泣いている
そのような場面に出くわした時に
あなたならどう対応するのでしょうか。

 

 

 

冷酷な人は困っている人間を助けて
その人達の助けになってあげようとする行為を
自分の時間をロスしてしまうことだと捉えます。

 

 

 

迷子の子供を見かけても
「面倒を引き受けたくない」

という思いが先に立ちます。

 

 

 

物事の判断基準は

「自分に利があるかどうか」
それ故に利がないと判断すると
それは無情なまでに切り捨てます。

 

 

 

困っている人の不安や心配事などは
冷酷な人間には関心のないことなのです。

 

 

 

このように冷酷な人間は

「共感力」が乏しいために
相手の立場に立って考えることが出来ません。

 

 

 

常に「主体」でしか物事を見ていないため
困っている人に気持ちをかけてあげたり
助けてあげることもしないのです。

 

 

 

6/ 本心を言わない・心を開かない

 

冷酷な人は基本的に人を信用していません。

 

 

 

人に心を開いたりすることで
自分の弱みを察知されることを恐れるのです。

 

 

 

プライドの塊のような人間が多いため

自分の弱みを利用されたり

責められたりするかもしれないという
猜疑心前提で捉えてしまいます。

 

 

 

そのため容易に心を開いたり
本音や本心を話して相手に頼ったり
弱みを見せたりすることが出来ません。

 

 

 

対外的には耳あたりの良い理想論や
美辞麗句で装飾することが大好きです。

 

 

 

しかし内心では

全く逆のことを考えていたりします。

 

 

 

冷酷な人は相手の本音を聞き出しておきながら
自分だけは決して本音を言わないという
ズル賢い手段を取って相手からマウントを取ったり
相手に決断させておいて自分だけは逃れたりと
平気で騙すこともありますので要注意です。

 

 

 

7/ 常に思考は主体的であり共感力が皆無

 

冷酷な人間はそもそも論
相手の辛さや悲しさを想像したり
相手の悩みを我が事として
捉えたり考えたりする力がありません。

 

 

 

とどのつまり思いやりが皆無なのです。

 

 

 

不倫や浮気なども

「全く悪いことだとは思わない」と明言します。

 

 

 

それはひとえに

相手に裏切られることの辛さや

悲しみや苦しさや悔しさを
全く想像が出来ないからです。

 

 

 

故に酷く落ち込んでいる人や
辛そうにしている人を見聞きしたとしても
自分から手を差し伸べたり

心に寄り添ったりすることもありません。

 

 

 

それどころか更に追い討ちをかけるような
キツイ言葉を発して冷たく突き放します。

 

 

 

相手の辛さや悲しみや苦しさは
自分自身が共感性がないために

そっと寄り添うのではなく

避けるという考えしかありません。

 

 


とにかくネガティブなことからは

逃げたり見て見ぬふりをすることが
何よりもまず先に立つのです。

 

 

 

冷酷な人は基本的に自分の話しかしません。

 

 

 

相手が何をしているのか
何を考えているのかなど
自分の利に関係ないことは興味がないのです。

 

 

 

相手の苦労話や辛かった経験を聞いても
「それは大変だったね」という
共感の言葉すら浮かびませんし
掛けてあげることもありません。

 

 

 

■相手の本質を見極めて距離を取ること

 

社会においてはある程度方向性として
冷淡な判断を求められるケースがあります。

 

 

 

ビジネスの世界では特にシビアだと思います。

 

 

 

あなたが実直な人柄だった場合には
冷酷な人間に利用されるだけされて
簡単に捨てられないように
充分気を付けなければなりません。

 

 

 

そして冷酷な人間の片鱗が少しでも見えたなら
完全に決別することが肝要です。

 

 

 

人間同士の関係を構築するにあたり
冷酷な人間という存在は
一見賢く生きているように見えますが
最終的には支えてくれる人や
助けてくれる人や信じてくれる人は
当然いなくなりますし
孤独で寂しい人生を送ることになるでしょう。

 

 

 

そのような人間には出来ることならば
関わり合いにならないほうが幸せなのです。

 

 

 

❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏
・横浜市中区
『男女諸問題心理カウンセリングサロン』
☆恋愛・結婚・不倫・離婚・DV・セックスレス等のお悩みは当サロンへ☆
★Salon de Femmes(サロンドファム)
代表サロンカウンセラー 祥子

http://www.salondefemmes.com
❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏