メニュー

浮気・不倫をしている夫の心理 - Salon de Femmes(サロンドファム)|横浜市の恋愛・夫婦・不倫・離婚・性など男女問題をカウンセリング相談

サロンコラム・お知らせ一覧

男女問題に関するコラムをキーワードで検索します。
例) 「結婚」「離婚」「不倫」 等

浮気・不倫をしている夫の心理

カテゴリ: 夫婦間コラム 公開日:2017年05月30日(火)

 

 

もしもあなたの夫が

不倫・浮気をしているとします。

 

 

 

妻の心の内は

「私がこんなに苦しんでるのに、今頃夫は、不倫・浮気相手と楽しんでいるのだろうか・・・。」

「私が必死で家事や子育てをしているのに、夫は他の女とロマンスにのめりこんでいるのか・・・。」

きっとそんな思いで

のた打ち回るくらい

苦しんでいらっしゃることでしょう。

 

 

 

それでは不倫・浮気をしている

夫の心の内は果たしてどうなのでしょうか?

 

 

 

不倫・浮気経験のある男性達の

心境を綴った手記から要約してみました。

 

 

 

・私は、彼女が欲しかったのではなく、ただ「愛されている」、「必要とされている」という満足感が欲しかった、それだけだということに気が付いた。他へ向く前に、妻に自分の気持ちを伝えて、きちんと向き合うべきだった。

 

 

 

・漠然とした虚しさや満たされない思いを抱えていた時に、不倫・浮気相手と出会い、彼女が自分に向けてくれる情熱や愛情がたまらなく嬉しかった。しかし、一方で、妻と子供を裏切ったという、自責の念から逃れることが出来なかった。

 

 

 

・自分が不倫・浮気をする男だなんて、それまでは思っても見なかった。しかし、理性が利かなかった。自分を軽蔑している。

 

 

 

・自分が不倫・浮気をしたのは妻のせいだと思うことで、罪悪感から目を背けようとしていた。妻に酷いことを言ってしまった。今ではとても反省している。

 

 

 

・自分が不倫・浮気していることを知りながらも、家事をし食事を作ってくれ、ワイシャツにアイロンをかけてくれる妻に、罪悪感が沸いてきた。一緒にいるのが辛くなり別居した。

 

 

 

こうしてみてみると

少なくともここに登場する男性達は

「不倫・浮気を楽しんでいた」ようには見えません。

 

 

 

別居や離婚に至った理由も

口では「お前が悪い」

「一緒に暮らすのは息が詰まる」

「愛する気持ちがなくなった」と言うものの

その気持ちが100%ではない。

 

 

 

実は「不倫・浮気をした自分への怒りと、家族に対する罪悪感」が

大きな割合を占めている。

 

 

 

このように結論付けられるような気がするのです。

 

 

 

また他へ気持ちが向いている時には気付いていなくても

離婚して不倫・浮気相手と一緒になった後で

「自分の求めていたのはこの女性ではなくて、刺激やときめきだった。」

「虚しさや満たされない思いは妻のせいじゃなく、自分の問題だった」

ということに初めて気が付いて

妻との離婚を後悔する男性も多いのではないかと思います。

 

 

 

夫の冷たい態度や離婚という言葉に傷付き

「もう仕方がない、別れてあげるべきなのかもしれない」と考えた妻は

夫の本心にはどんな思いがあるのかをもう一度考え

夫へ心を馳せてみては如何でしょうか。

 

 

❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏
・横浜市中区
『男女諸問題カウンセリングサロン』
☆恋愛・結婚・不倫・離婚・DV・セックスレス等のお悩みは当サロンへ☆
★Salon de Femmes(サロンドファム)
代表サロンカウンセラー 祥子

http://www.salondefemmes.com
❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏