メニュー

モラルハラスメントを原因とする離婚 - Salon de Femmes(サロンドファム)|横浜市の恋愛・夫婦・不倫・離婚・性など男女問題をカウンセリング相談

サロンコラム・お知らせ一覧

男女問題に関するコラムをキーワードで検索します。
例) 「結婚」「離婚」「不倫」 等

モラルハラスメントを原因とする離婚

カテゴリ: 夫婦間コラム 公開日:2020年08月13日(木)

 

 

「パートナーから何かにつけていつも怒られている」
「怒らせてしまうと無視される日が続いてしまう」
「トラブルがあると自分のせいにされて責められる」
「人としての在り方を頭ごなしに全否定されて辛い」

 

 

 

昨今当サロンでお受けする離婚案件において
主原因として一番多いものは不倫ではなく
「DV」「モラルハラスメント」であり
案件の結論は9割が離婚となる現状があります。

 

 

 

当サロンへご相談においでになった時には
既に気持ち的に限界点を突破していたために
カウンセリングが事実を受け止める場になってしまい
ようやく目が覚めて自分の本意に気がつき
離婚を選択するという構図になるのです。

 

 

 

■モラルハラスメントの定義

 

モラルハラスメントとは・・・
パートナーから受ける精神的な攻撃や暴力
生活上の嫌がらせや妨害などを指します。

 

 

 

内閣府男女共同参画局のホームページでは
精神的なDVとして定義されています。

 

 

 

■モラルハラスメントの特徴

 

「誰のおかげで生活出来ると思っているんだ」
「そんなだから稼ぎが悪いし出世もしない」
「理想的な他所の夫(妻)がうらやましい」

「友人との付き合いを否定し制限をする」
「実家との関わりを避けたり制限をする」
「スマホや手紙などの個人情報をチェックする」
「機嫌が悪くなると無視をして口をきかない」
「人の前で人格否定をしたり馬鹿にしたりする」
「常に命令口調で高圧的な物言いをする」

「趣味など大切にしているものを壊したり捨てたりする」
「定期的に生活費を渡さなかったり制限をする」
「外で働くことを禁じたり制限したりする」
「支配下に置くために子に危害を加えるなどと脅す」
「殴りかかる素振りをしたり物に当たるなどの脅迫行為」

 

 

 

家庭裁判所令和1年度の統計によると
夫婦関係調整調停事件のうち
夫からの申し立ては約14%にのぼり
妻からの申し立ては約25%となっています。

 

 

 

夫のDVやハラスメントは昔からよく聞かれますが
昨今増加傾向にあるのは妻からのDVやハラスメントです。

 

 

 

1/ 相手を貶めるような言動

 

「(自分に対する)思いやりが足りない」
「普通の人が出来ることが普通に出来ない」
「(自分の)理想のパートナーには程遠い」
「出世しないのは人間性に問題があるからだ」
「容姿を磨かないからセックスしたくならない」

 

 

 

極めて主観的な観点からの発言ばかりで
相手の立場や気持ちを考慮した言動はありません。

 

 

 

近親者から否定ばかりされ続けてしまうと
最初は自分が悪いと思って受け止めていなくても
それを繰り返し言われる毎に

 

 

 

「自分が至らないから相手が怒る」
「相手を怒らせたのは自分に原因がある」
「自分がしっかりすれば避けられたこと」
「相手を怒らせないためにはどうするべきか」

 

 

 

このように物事を自罰的に受け止めてしまい
相手の顔色を伺うような言動を取るようになります。

 

 

 

しかし僅かでも自分の意思は存在しますから
自分の本音と実際のギャップに苦しみます。

 

 

 

最終的には自らの感情を封印し押し殺すことで
現実逃避をして現状をやり過ごそうとするのですが
徐々に精神的不安定状態を呈していきます。

 

 

 

2/ 制裁的な無視をする

 

自分の思惑通りに事が進まなかったり
相手が思慮に欠ける言動をしたからと
双方向の議論で解決を図ることはせずに
一方的な要求や感情をぶつけたあとに
相手に対し制裁的な無視を決め込みます。

 

 

 

多くの場合モラルハラスメントをする方は
相手には公にしないマイルールが存在しており
周りは全てそのルールの中にいると思っています。

 

 

 

3/ 不機嫌を露わにするがその理由は言わない

 

相手の何かに対して憤りを感じている
不愉快を匂わせる態度を取っているのに
「何に怒っているのか?」と問うと
「言わないと分からないのか」
などと相手を馬鹿にした言動を取り
その理由は絶対に告げることはありません。

 

 

 

4/ 相手の趣味や考えを馬鹿にする

 

相手が何かに夢中になっている時や
映画などに感動したり笑ったりしていたり
趣味などの好きな時間を過ごしている際に

 

 

 

「そんなことが人生で何の役に立つのか」
「(自分と比べて)趣味の程度が低い」
「面白くないのに笑うなんておかしい」
「感動するポイントがさっぱり分からない」

 

 

 

等と相手の趣味や趣向などを全否定します。

 

 

 

しかし逆に自分の趣味や考えを否定されたり
共感を求めても希望した共感が返ってこないと
「程度の低い人間には理解出来ない」
等といった感じで頭ごなしに相手を全否定します。

 

 

 

5/ 理由もなく食事を一緒に摂らない

 

昨日までいつもの通り一緒に食べていた夕飯などを
急に理由も告げず一緒に摂ることを拒否したりします。

 

 

 

一緒に食べないことを心配して気を遣う様子を
自分に関心を寄せていると捉え安心を試したり
寧ろそれ自体を楽しんでいるケースさえあります。

 

 

 

本人独自のルールで行動するため
周りは理由も分からず振り回されてしまいます。

 

 

 

6/ 人前で馬鹿にしたり笑い者にしたりする

 

お互いの知り合いが集まる場所などで
相手のことを平然と

 

 

 

「夫(妻)として力不足」
「家族に気を遣えない」
「コミュニケーション能力が足りない」

 

 

 

などというように一方的に馬鹿にしたり
偏見からの思い込みエピソードをネタに
敢えて人前で笑い者にして自己満足します。

 

 

 

7/ 家事について事細かに否定する

 

自分でやっていない家事について
思う通りにされていないことがあると
その部分を頭ごなしに批判し詰め寄ります。

 

 

 

あるいは自分が出来ない家事について
それを相手が卒なくこなしたりすると
自分勝手な劣等感から相手を蔑んだりします。

 

 

 

8/ 相手に釈明の機会を与えない

 

一方的で理不尽なことを言い放ちますが
それについて相手に釈明の機会を与えません。

 

 

 

自分の不満を一方的に突きつけるだけで
相手と議論をして解決する気は全くないのです。

 

 

 

9/ 相手の話に一方的な軽蔑や批判をする

 

基本的にモラルハラスメントを厭わない人は
相手への「共感力」「関心」が全くありません。

 

 

 

自分がどうしたいかどう思うかしか頭になく
相手がどう思うかには全く関心を寄せないのです。

 

 

 

他人の考えにはまず否定から入り
先にも後にも賛同することはありません。

 

 

 

賛同されるが勝ちという考えしかなく
賛同するのは負けという概念しかないのです。

 

 

 

脊髄反射のように否定をしますが
対案はないまま否定をするために
当然改善策や打開策などは存在せず
自分の考えを展開しませんので
相手は困惑や不快感しか残りません。

 

 

 

10/ 相手が病気などの時に冷淡な態度をとる

 

体調が悪い時こそ助けてほしいと考えるものですが
その為に自分の負担が増えることを不満と捉えます。

 

 

 

ここぞとばかりに罵倒し迷惑だと突き放したり
床に臥せて思うように動けない相手に対し
これは放っておいたほうがよいと勝手に判断し
相手の状況や気持ちに添うことはありません。

 

 

 

「病気をするのは日頃の健康管理が悪いからだ」
「病弱=貧弱であり、更に悪化されたら自分が迷惑」

 

 

しかし自分の体調が悪い時には

相手の献身を求める言動不一致があり

その要求は時に過度なものとなります。

 

 

 

■ モラルハラスメントチェックリスト

 

上記のモラルハラスメントの主な特徴を踏まえて
以下にチェックリストとして挙げてみました。

 

 

 

相手について過半数にチェックが付くようでしたら
おひとりで悩まずに解決方法を一緒に考えていきましょう。

 

 

 

✅交際当初や結婚当初は理想的で優しい人だった

 

✅マイルールを押し付けてくる

 

✅会社や近所では良い人という評価しかない

 

✅ルールや物や食に強いこだわりがある

 

✅友達には評判が良い

 

✅猜疑心が強い

 

✅リアルな暴力は決して振るわない

 

✅言動不一致・一貫性がない

 

✅自己愛が強くサイコパス傾向がある

 

✅価値観の違いなどを認めない

 

✅同調しない人間は否定・拒否する

 

✅自分より弱い者・下の者に尊大な態度を取る

 

✅まず相手を疑ってかかる

 

✅自分の身の上話しで周囲の同情を誘う

 

✅自分の考えだけが正義

 

✅自分のやり方を一方的に押し付ける

 

✅罪悪感もなく息を吐くように平気で嘘をつく(騙す)

 

✅自分の意見と反対の意見は受け入れない

 

✅自分への指摘は聞かずに頭ごなしに拒否をする

 

✅人格に二面性がある

 

✅悩みを相談出来る友達がいない

 

✅共感性が弱い・皆無

 

✅他人の成功や幸せを喜べない・気に入らない

 

✅自分の責任は絶対回避・人のせいにする

 

✅ストレス発散法は知らない

 

 

 

これらはモラルハラスメントのほんの一例です。

 

 

 

❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏
・横浜市中区
『男女諸問題心理カウンセリングサロン』
☆恋愛・結婚・不倫・離婚・DV・セックスレス等のお悩みは当サロンへ☆
★Salon de Femmes(サロンドファム)
代表サロンカウンセラー 祥子

http://www.salondefemmes.com
❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏