メニュー

二人の関係性を成長させる - Salon de Femmes(サロンドファム)|横浜市の恋愛・夫婦・不倫・離婚・性など男女問題をカウンセリング相談

サロンコラム・お知らせ一覧

男女問題に関するコラムをキーワードで検索します。
例) 「結婚」「離婚」「不倫」 等

二人の関係性を成長させる

カテゴリ: 夫婦間コラム 公開日:2022年07月29日(金)

人間は生まれてから成長と共に
『依存→自立→相互依存』
といった過程経て心が成熟していきます。

 

 

これは男女の関係性においても同様であり
お互いが前述した心理的ステージを辿ることで
二人の関係性が成長します。

 

 

付き合った当初は一緒に過ごす時間が楽しくて
何をしても喜び合えるハネムーン期。

 

 

関係が進んで慣れてくると
次第に分かってくる相手との違いが目に付いて
つい相手に意見をしてしまったり
口を開くと喧嘩になってしまう時期が来るでしょう。

 

 

しかし喧嘩が繰り返されて
都度妥協線が敷かれるようになると
ストレスを避けるように干渉をしなくなり。

 

 

傍から見ると表面的には平和そうに見えるのですが
実はその水面下では諦めから相手を下に見たり
相手の欲求を敢えて無視してみたり
ステルス的に距離を置いてみたりと
当人同士の間には冷え切った空気が漂っています。

 

 

こうなってしまうと二人の関係は継続困難となり
別居や離婚やセックスレスや不倫などの問題が
堰を切ったように表面化してきます。

 

 

 

■デッドゾーンの恐ろしさ

 

このようなステージを心理学では
自立の最終段階「デッドゾーン」と称されます。

 

 

デッドゾーンの名の通り
「関係性の死」に至ってしまうでしょう。

 

 

この段階にきて別離を選択する人もいれば
世間体や経済的なことなど様々な理由で
「別れることは難しいから、相手に期待はしないようにする」
そう割り切って関係を継続する人もいます。

 

 

世間的にある「仮面夫婦」「家庭内別居」などがこのケースです。

 

 

同居してはいても会話は事務連絡のみ
生活に必要最低限の協力だけを維持する
といったそれぞれの義務だけで続く関係は
その典型的なケースといえるでしょう。

 

 

一度や二度のトラブルで生じた
「信頼関係の崩壊」や「相手への不満」だけで
ここまでの状態に陥ってしまうわけではありません。

 

 

何度も再構築を考えてやり直しをして
どうにかお互いの気持ちを修正出来ないかと
お互いに努力を積み重ねた結果
最終的に諦めてしまったという経緯があります。

 

 

トラブルを重ねていく過程で
徐々に徒労感や虚無感が積み重なっていき
最後には気持ちが切れてしまい
無感覚の状態に心が陥っていくのでしょう。

 

 

ここに至ってしまうと
「もう諦めた」「努力しても無駄」と感じてしまうため
「関係の再構築」を考えられないのは普通でしょう。

 

 

今更「再構築したいとは思えない」
と考えが固定されてしまうことが
デッドゾーンの恐ろしさだと思います。

 

 

 

■デッドゾーンから脱出するためには感情にぶつかる覚悟が必要

 

底なし沼への深淵ともいえる
このデッドゾーンを乗り越えるためには
お互いの感情から逃げない覚悟が必要です。

 

 

二人の関係が立ち往生しているならば
目の前の壁を越えてその先に行くために
それまでとは違う接し方が求めれるからです。

 

 

「今までトライしたことのない方法」
ここに二人が次のステージへ進むための鍵があるのです。

 

 

「今更再構築を考えたくない」という考えが
二人の関係が膠着する原因であるならば
膠着状態を打破するためには
改めて相手と向き合うことが非常に重要となります。

 

 

あなたがいつも相手に対して
様々な我慢ばかりを重ねてきたのならば
その我慢を相手に正面から伝えて
自分の意志に素直になることも必要です。

 

 

あなたが相手に援助ばかりしてきたのであれば
今度は援助してもらえるように
相手へ正面からお願いしてみること。

 

 

または安易に援助をしないことが
相手に気づきを与えて
再びお互いに関心を引くための突破口となるでしょう。

 

 

これまでの「関わり方」を手放して
今までになかった「関わり方」を試してみることが
底なし沼のデッドゾーンを越える鍵といえます。

 

 

しかし人間は変化というものに恐れを抱くものですし
当然それに対するリスクも伴います。

 

 

直感的には抵抗が出てくるのは当然で
変化を嫌う理由もよく理解出来ます。

 

 

しかしここで勇気を振り絞って
リスクテイクすることが出来ると
乗り越えた先には
「援助される」ことも「援助する」ことは

【依存→自立→相互依存】の中の
【相互依存】という形となります。

 

 

この状態はお互いにどちらの立場にも
自由に行き来が出来ることから
不公平感を感じることなく
どちらの喜びもお互い公平に
感じられるようになるでしょう。

 

 

そんな心の安定を得た新しいあなたを
相手に見せることが出来るとしたら
リスクテイクするだけの価値はあるのかもしれません。

 

 

 

■再生し伸びていく関係性

 

以上のようにデッドゾーンは
「関係性の死」と言いましたが
全てが「死=終」に向かっているのではなく
新しい関係性に生まれ変わる
「再生」へのプロセスともいえるのです。

 

 

関係性が長くなってくると
何度も繰り返し訪れるものですが
自分の心とパートナーの心と
お互いに向き合う勇気を持てた分だけ
混沌から早く抜け出せることでしょう。

 

 

関係の危機を乗り越えていく度に
二人の絆は強く強固となり
より成熟した関係性を築くことが出来ます。

 

 

いずれ再び二人に危機が訪れたとしても
終わりに向かう不安より
「今度は危機にどう向き合えばよいのだろう?」
という意欲を強く持てるようになるでしょう。

 

 

デッドゾーンの闇を抜けた先には
そんな安心感と絆を感じられる
安定的な関係性が培われるのです。

 

 

❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏
・横浜市中区
『男女諸問題心理カウンセリングサロン』
☆恋愛・結婚・不倫・離婚・DV・セックスレス等のお悩みは当サロンへ☆
★Salon de Femmes(サロンドファム)
代表サロンカウンセラー 祥子

http://www.salondefemmes.com
❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏